次々と壊れていく家電や家具について

ある程度購入してからの年月が経つとどうしても次々と日常的に使用しているものが壊れていきます。そんなとき新しいものを購入すればいいのでしょうが、そうすればお金もかかりますし、また壊れたものを引き取ってもらうにもリサイクル料金が発生しますので、全然経済的じゃありません。

だからこそ、私はまずそれを何とか使い続けられないかと自分で修理をすることにしています。具体的には、冷蔵庫のパッキンがおかしくなってしまい、半ドア状態になっていたものも、最初はパッキンを綺麗に拭いて汚れを取り、それでもだめだったので、自分でマグネットを百均で買ってきて取り付けて使っています。

さらに、ウォシュレットの器具が破損してしまったようで、ポタポタと水漏れするようになってしまいましたが、それも水受けを置いて何とか使い続けています。ほかにも、エアコンが効かなくなったときにも室外機にオリジナルの囲いを作って太陽光が直接当たらないようにして何とかエアコンも動いてくれるようになりました。

ほかにも、電気ケトルが壊れてしまったときにも、分解して掃除して使用し、最終的にだめになってしまいましたが、今は鍋で随時お湯を沸かすようにしています。

次々と壊れていく家電や家具について はコメントを受け付けていません。

Filed under 節約

Comments are closed.