消費者金融のキャッシングとクレジットカードでのキャッシングの違い

カードを使ってATMでお金を借りることをキャッシングと呼ぶのが一般的ですが、キャッシングでの借り入れは二つに分けることができます。

一つはクレジットカードを使ってのキャッシング。もう一つは、消費者金融や銀行などのカードローン用のカードを使ってのキャッシングです。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という2種類の利用限度額があります。お店で買い物をした際の支払いに適用されるのが「ショッピング枠」。クレジットカードでは、クレジット会社から現金を借り入れることができるようになっていて、その限度額が「キャッシング枠」です。(中にはキャッシング枠の無いカードもあり、また、利用者の希望によって、キャッシング枠を付けないこともできます。)クレジットカードでのキャッシングは、ショッピングの利用と同じように、翌月クレジット利用代金として請求されます。その際に利息と元金がまとめて引き落とされます。つまり、返済は1回払いが原則となっています。

消費者金融のカードは、キャッシング専用のカードです。借入金を引き出すだけではなく、カードで返済もできること、返済が毎月の分割払いになっている点がクレジットカードでのキャッシングとは大きく異なります。

消費者金融のキャッシングとクレジットカードでのキャッシングの違い はコメントを受け付けていません。

Filed under キャッシング

Comments are closed.