キャッシングの借り換えタイミングは利用目的に注意したい

キャッシングの申込みを行い、審査に通過すればカードローンの利用が限度額の範囲内で可能となります。しかし、利用規約を真剣に読んで確認しなければ、突然利用停止となる可能性が含まれていることに気をつけなければなりません。なぜなら、借り換え目的での利用を禁止しているカードローンが多いので、何も考えずに金利が低いからという理由で借り換えることは危険です。

カードローンの借り換えは、金利差が大きいほど借り換えによるメリットが大きくなります。しかし、金融業者は、加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を申込時だけでなく継続与信時ににも随時行っているわけです。借入額と返済額がそっくり同じ時期にあれば、明らかに借り換えを行なったと金融業者にはバレてしまうでしょう。

カードローンは、本来は利用用途自由というケースが多いものの、キャッシングの借り換えタイミングを計算した借り換えが横行してしまうと、金融業者としても好ましくないという考え方に基づいています。借入と返済について一気に全てを短期間に行なうこと無く、タイミングをズラして借り換えを行えば、お咎めを受けることも無いでしょう。

カードローンの利用時には、金融業者にお金の動きが筒抜けとなっている点に注意して借り換えを行なうと良いでしょう。

キャッシングの借り換えタイミングは利用目的に注意したい はコメントを受け付けていません。

Filed under 審査のこと

キャッシングの返済で考えるべきポイント

お金が必要な際に非常に便利なキャッシングですが、実際に利用する前には金利をしっかりと調べることをお勧めします。金利を知ることがキャッシングを上手に使うことにつながっていくので、まずはどのような金利設定になっているのか、しっかりと確認するようにしましょう。

まずキャッシングを利用する場合は、必ず返済する必要がありますが、その際に借り入れた期間や金利などによって利息が発生し支払うことになります。利息が多いほど、返済する額が増えてしまうので、なるべくキャッシングを利用する期間を短くして、返済をスピーディーに行うように返済計画を立てるようにしましょう。

また金利の設定を確認して利用することも非常に大切なポイントになります。金利はキャッシングが利用できる業者によって異なります。それを知らずに何も考えずに契約してしまうと損をしてしまう場合もあるので注意が必要です。キャッシングを利用する場合は、借り入れできる金額だけではなく、返済する際のこともしっかりと考えて利用するようにしましょう。

このようにキャッシングを利用する上で金利は非常に重要な要素だといえます。少しでも損をしない利用を考える上でも、金利は重要なので必ずチェックして確認することが大切です。

キャッシングの返済で考えるべきポイント はコメントを受け付けていません。

Filed under 返済について

冠婚葬祭に使えるお得なキャッシングは?

キャッシングによる借り入れは日常生活に於ける資金調達以外に、結婚資金や葬儀費用、リフォーム費用、そして医療費など様々です。これらの資金調達を行う上で、カードローンは追加借り入れが出来るものの、金利が非常に高いといった問題があります。

一般的に銀行カードローンでも100万円未満の利用限度額については、金利14.5%前後が一般的であり、銀行によっては利用限度額に年収制限があるなど、必要な資金をお得に調達できないといった問題があります。そこで注目したいのが、フリーローンや目的別ローンであり、利用目的や返済期間に制限があるものの、カードローンの金利に対し最大1/5程になるケースもあります。

そのため、結婚式費用や葬儀費用など、後日纏めて短期間に返済出来る借り入れに於いては、カードローンよりも利息がお得になります。結婚式費用の場合、ブライダルローンなどの専用ローンを提供する銀行も多く、非常に低い金利で借り入れが可能になっています。

特にブライダルローンの場合は、計画性のある結婚式プランを選択することにより、ご祝儀で一括返済することも可能です。この場合、カードローンを利用しない方が断然お得になります。フリーローンや目的別ローンは返済期間が6年や7年といった短期間になるものの、カードローンで返済し続けるよりも総返済額が大きく変わります。

冠婚葬祭に使えるお得なキャッシングは? はコメントを受け付けていません。

Filed under 申込み

危険なちょい借り!無駄な手数料も!

今では、キャッシングによる借り入れもコンビニATMを利用することができ、ほぼ24時間365日で借り入れが出来ます。特に夜の付き合いのあるサラリーマンにとって、深夜でも現金調達が出来るのは便利です。しかし、この際に少額の借り入れを何度も行う、いわゆるちょい借りは返済計画が立て難くなる原因の一つであり、返済額の増加に繋がります。

また、コンビニATMの場合は、手数料が掛かり、たった数日間の借り入れによる利息よりも高くなります。また、せっかく返済を続け、利息より元本の返済割合が高くなっている状況ではなくなるため、返済しても元本が減らないということになり得ます。そのため、ちょい借りを繰り返すよりも予め余分に借り入れを行い、余った金額を戻すということも得策になります。

例えば、10万円を借り入れた場合、金利18%でも1日あたり約49円の利息で済みます。1万円を超える借り入れの場合、コンビニATMでは216円も掛かり、1万円を10回に分けて借りる方が利息よりも高くなります。そのため、借り入れするときは纏まった金額を借り入れ余った現金は返す方が、お得になるというケースがあります。

どうしても、高額な借り入れは利息が高いと考えますが、自分自身で簡単に計算することが賢い方法です。

危険なちょい借り!無駄な手数料も! はコメントを受け付けていません。

Filed under 返済について

キャッシングの返済の要点とはどこか

キャッシングの返済とは可能な限り、早く、というのが重要なポイントになってくることでしょう。これがとても大事な要素ですからまずはよく理解しておくことです。端的にいってしまうと要するに金利がそこに発生するからです。ちなみに完全に日割りになります。年率で表示されていますが月単位でまずは請求されることになりますし、もしそれを割る場合は日割りになります。このあたりはよく認識しておきましょう。ちなみに年率ですがキチンと実質年率で表示することが義務付けられていますから、よく覚えておくとよいでしょう。

最近では返済はとても多くのところからできるようになっています。たとえばATMからもできるでしょうし、場合によってはなんといってもインターネットからできることもあります。そうしたことがありますから、基本的にはかなり返済をするときには困ることがなくなった、といっても過言ではないでしょう。これが現在のキャッシングのよいところであるといえます。返済のポイントは少しでも早く、ということには違いはないのですが返済の際に手数料がかからないようなところでやったほうがよいでしょうるそれがまさに基本中の基本であるといえるでしょう。

キャッシングの返済の要点とはどこか はコメントを受け付けていません。

Filed under 返済について

返済が遅れたらどうすればいいの?直ぐに強制執行になるの?

銀行や消費者金融のキャッシング契約を利用中、どうしても返済が期日に間に合わない、現金の手持ちが少なくて返済が出来ないといった可能性があります。

この場合、直ぐに返済が遅れると督促状が自宅に郵送される訳ではなく、再引き落としの案内や金融機関から指定口座への振り込み依頼を受けることとなります。

クレジットカードの場合、払い込み用紙によりコンビニから支払いをすることも可能ですが、キャッシング契約の場合、返済が遅れた場合や遅れそうな場合はそのままにせず、先ずはフリーダイヤルへ連絡することが重要になり、この際に適切な対応方法について指示を受けることが出来ます。督促状や返済に対する案内が来るような場合、金融機関にも迷惑を掛けていることとなり、個人信用情報には返済延滞の情報が残ってしまいます。

また、返済が遅れたからといった直ぐに債権回収会社へ債権が譲渡され、督促状の送付や勤務先への給与差押といったことは無いため、不安に考える必要はありません。さらに強制執行といっても、裁判所の許可を得た上で行うことであり、契約者自体は異議申し立てをすることも可能です。

あくまで、強制執行といった状態は、再三にわたり督促を行ったのにも関わらず、返済が履行されない場合に実行されるものであり、債権会社が勝手に勤務先に電話をすることはありません。

先ず、返済が遅れそうまたは遅れてしまった場合は、直ぐに電話を掛けることが重要になります。

返済が遅れたらどうすればいいの?直ぐに強制執行になるの? はコメントを受け付けていません。

Filed under 返済について

キャッシング申込先はしっかりと比較してから決めよう

キャッシングを行なうために銀行または消費者金融のカードローンに申し込む際は、貸付条件をしっかりと確認してから申し込むことが大切です。同じ金利設定であっても、返済方法の違いにより、返済総額に差が出てしまうからです。多くのカードローンでは、返済方法として残高スライドリボルビング方式が採用されています。毎月の返済は残高に応じて段階的に最低返済額が決められており、最低返済額以上の金額を毎月入金して行く方法が多いです。なぜなら、リボ払い方式とすることで返済額のうち元金支払額が少ないことに利用者は気づきにくく、返済回数を増やす効果があるからです。

銀行や消費者金融の中には、リボ払い形式を採用せずに残高スライド方式はそのままに、元金定額払いを採用している金融業者があります。元金返済額が決まっているので、追加借入を行わない限りは、キャッシングした金額を着実に返済して行ける方法として望ましいです。しかし、金融業者にとっては長期間借り続けて貰えずに完済されてしまうので、優良顧客が完済して行く様子を見ているしかありません。利息制限法が改正されて以降、上限金利が引き下げられたことで利息を多く取れなくなっている現状があり、残高スライドリボルビング方式を採用している金融業者が増えている状況が生まれています。早期完済を目指すならば、元金定額返済が出来る金融業者を選んでキャッシング申し込みをすると良いでしょう。

キャッシング申込先はしっかりと比較してから決めよう はコメントを受け付けていません。

Filed under 申込み

キャッシングサービスの返済というのは

キャッシングサービスにおいてとても大事なことは借りることよりも返済になるといえるでしょう。ですから、非常に難しいことではありますがしっかりとした返済計画を立てるようにしたほうがよいでしょう。そうすることによって、安心して借りることができるようになるからです。具体的にいいますと返済の方法というのはふたつあります。それが約定返済と随時返済になります。どちらも大事な方法ではあるのですがポイントは随時返済になります。随時返済をしていくことによって、より利息を抑えることができるようになります。

お金を借りるときにはまずはなんといっても利息を抑えることを何においても先に考えることであるといえます。キャッシングサービスというのは、今ではインターネットを活用して借り入れができるところも増えています。さらにいえば返済も可能です。ですから、それなりに借りやすくなっているのは確かであり、そして、返済の手段に関してもかなりスピーディーになっているといえるのです。そうした意味から考えてもかなり利用しやすくなっているサービスなのです。いざというときに非常に助かることは確かですから、返済を意識して、上手く借りるようにしましょう。

キャッシングサービスの返済というのは はコメントを受け付けていません。

Filed under 申込み

おまとめローンの利用時にしてはいけないこと

複数の金融機関からの複数の借入をしている場合に、是非とも利用したのがおまとめローンです。もちろん、おまとめローンは通常のキャッシングやカードローンに比べて審査が厳しいという面も確かにありますが、利用できればメリットの多い金融商品であることには間違いありません。

しかし、よくおまとめローンのメリットとして言及されている、月々の返済を少なくできるというメリットはメリットどころかデメリットになることもあることを知っておかなければなりません。月々の返済はまず利息額の返済に充てられて、残りの金額を借入元本に充てることになります。月々の返済額を少なくするということは、借入元本に対する返済額が少なくなるということを意味しています。借入元本の減少が少ないために次月からの利息も大きくなり、やはり借入元本額が減っていかないという悪循環になってしまいます。これでは、おまとめローンで金利を下げてもらうことが出来ても、月々の返済額を減らすことによって返済期間が長くなり返済総額が多くなることまでありえます。

このことを防ぐにはおまとめローンでせっかく金利を下げてもらったのですから、そのメリットを最大限に活用するために月々の返済額を支払えるだけ大きい金額にすることが必要です。はじめは苦しいかもしれませんが、これが後々に大きなメリットとなって自分に跳ね返ってきます。

おまとめローンの利用時にしてはいけないこと はコメントを受け付けていません。

Filed under 気をつけること

アルバイトでのキャッシング利用

アルバイトで学生の方、またフリーターの方でもキャッシングを利用することができます。その際はアコム、プロミス等のCMでよく見かける大手を利用しましょう。

キャッシング業者が融資をする時、必ず法律に則って法律の範囲内で融資をします。法律では、年収の三分の一以上の貸付をするのは禁止されています。例えば年収80万の学生の方であれば、借入限度額は20万円となります。厳密に言うともう少し借りれるのですが、年収の三分の一ぎりぎりまで限度額を設定してくれる業者はほとんどいませんし、初めてそこのキャッシング業者を利用するのなら、まだ返済能力への信用がないので無理です。

逆に言えば限度額が低額であれば、アルバイトでそれなりの収入さえあれば誰にでも融資できるということです。一番低い限度額は10万円ですので、先程の話では30万円以上の年収が必要になりますが、恐らくそんなぎりぎりでは融資をしてもらえないので余裕をもって年収50万以上は確実に稼げるという時点で申し込みをすればきっと審査に通って融資をしてもらえます。

アルバイトでのキャッシング利用 はコメントを受け付けていません。

Filed under 気をつけること