キャッシングは上限金利の比較が大事

多数のキャッシング会社の中から、一つに絞り込んで申し込みをする場合、どのような基準で選べばいいか分からないという人はかなりいます。

基本的には金利がどれくらいか?という部分で選んでいる方が大半ですが、「下限金利」に飛びついてしまって実際にはそれほどお得感が無かったと後悔する人も多いようです。

それは、キャッシングの仕組みを知っていると良く分かるのですが、やはり初心者の方はこうした部分を知らないので金利の安さを比較しがちです。

一番比較をしないといけないのは「上限金利」になります。多くのキャッシングの広告では1桁台の金利を打ち出していますが、金利には必ず幅が持たされています。

なので、一番高い金利がどれくらいになっているかを調べておかないと、実際に自分に適用される金利がちがうというギャップを感じることになります。

融資の金額が高くなるほど、金利は下がっていきますから、大口の融資を希望している人は上限金利を、ちょっとだけ借りたいと思っている方は下限金利を参考にキャッシング会社を選ぶと良いでしょう。

1桁台の金利が魅力的だと思って利用したら実際には他の金利と変わらなかったという場合はよくあります。下限金利を見ていないと勘違いしてしまうわけです。

キャッシングは上限金利の比較が大事 はコメントを受け付けていません。

Filed under 金利について

楽天銀行スーパーローンを利用するのに向いている人

金利が低く設定されているのが銀行カードローンですが、その中でも一押しなのが楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行はネットバンキングの大手なのでインターネットには力を入れています。そのため申し込みからお金を借りるまでの手続きもパソコンやスマートフォンだけで出来てしまいます。

楽天銀行スーパーローンを利用するのに向いている人はまず窓口やATMまで出向くのが面倒なのでパソコンやスマートフォンだけで申し込みを済ませたいという人です。

次に低金利の銀行カードローンを利用したいという人も向いています。楽天銀行スーパーローンの最高金利は14.5%です。消費者金融は18%なのでかなり低水準です。金利が低いと返済する時に安心感が出るので大きなメリットにもなります。

楽天銀行スーパーローンはアルバイトや主婦でも申し込み可能です。利用限度額に制限がありますが他の業者だと利用出来ない事もあるのでアルバイトや主婦に向いているカードローンです。

楽天銀行スーパーローンを利用するのに向いている人 はコメントを受け付けていません。

Filed under 申込み

現在返済中で頑張っています

先日もキャシングしたのですが、もうこのキャッシングというものと付き合い始めまして3年ほどのなるのですが、現在返済中で頑張っております。

このキャッシングの返済ですが、リボ払いということで、私の場合は毎月15000円の返済をしていますが、この15000円のリボ払いは大変気に入ってはいるのですが通帳にはたくさんお金が入っているわけではありませんから、油断すると、残高不足が発生しまして、延滞を起こす可能性がありますから、毎月神経をとがらせております。

返済のシステムというのは、大変借りた側に対して無理のない返済システムになっていますから私はとても安心して返済しております。特にこのリボ払いにおきましては、その月に万が一返済ができない状況にあったならば、「あとリボ」というものがありまして、次の月に回すことのできるシステムなっています。15000円といいましても、本当にない問いはお金の額が大きく感じるものですからこのシステムは本当にいいサービスだなって感心しました。

それからきちんと返済していけば、残額内からまた借りることもできるので大変助かっているのが事実です。でもやはり、お金というものは借りたら返すということが当然のことですから、ちゃんと完済してからまた借りていくという形が一番理想的だと思います。借金がないのが一番ではありますが、このようにキャッシングヲ利用する人というのはなかなか借りれずにはいられなくなるものです。

もっと収入があればいいのですが。

現在返済中で頑張っています はコメントを受け付けていません。

Filed under 気をつけること

口座にお金があると思ったらまったくなかったので・・・

数日後までに約十万円用意する、そんなシチュエーションなんてなかなかないと思いますよね。

私もそう思っていました。

そんなに切羽詰るまで放っておくなんて、ドンだけのんびり屋さんなんだよと思っていたんですが、自分がそんなシチュエーションになりました。

銀行に預金が十万くらいあった気がしたんです。

なので着払いで自転車を購入しました。

ネットに掲載されていたものでかなり安かったので、売り切れる前にと急いで購入ボタンを押しました。

数日後、到着日当日にあたふたしないように銀行からお金を下ろしておこうと思ったのですが、残高が数十円しかありませんでした。

そういえばパソコン買う時にこの口座からお金を下ろした気がします・・・

今さらキャンセルするとキャンセル料取られるし、何よりこんな安く手に入る事は二度とないのではという事で金策に走りました。

金策に走ったと言っても消費者金融でキャッシングしただけです。

今の時代は便利ですよね。

スマホ一つで簡単にどこにいてもキャッシングの申し込みが出来ます。

私の場合も自宅近くのショッピングモールの喫煙所から申し込みました。

場所を選ばないのは本当に利用しやすくて良いです。

申し込みがわりと早い時間だったのでもしかしたら即日融資もいけるかもと思いましたが、残念ながらそれは無理でした。

でも翌日には借りれたので良かったです。

着払いには余裕で間に合ったし消費者金融を利用して正解でした。

口座にお金があると思ったらまったくなかったので・・・ はコメントを受け付けていません。

Filed under 体験談

キャッシングの審査を始めて受ける

私は35歳の時にある理由でキャッシング初体験をしました。その時に、一人で手続きに行ったのですが、どんなことを聞かれるのだろうとドキドキして審査を受けました。私は地元の街中にあるキャッシングのATMで審査を受けました。

なぜなら町中から離れたところにあるキャッシングの場所は何だか寂しい場所にあって怖いし、雰囲気的に嫌だったからです。その点街中だと人通りもあって安心、また何か必要書類があっても市役所も近いし、いいかなと思ったからです。そしていざ審査が始まると、意外にも必要書類は運転免許と健康保険証だけで終わり、簡単に審査を通過することができました。おそらくこれまでにキャッシング歴がなかったことと、就職をしており毎月一定の収入があったからだと思います。

審査の間は書類をかきながらドキドキいましたが、審査が終わるとこんなものなのかと気持ちが楽になってしまいました。でもこれで終わりではないんですよね。友人からあとでいわれたのは、借りるのは比較的に簡単に借りることができるのだけど、本当は返すまでが大変なんだから、油断しないようにということでした。幸いにも給料日がもう間もなくというところだったので、その際に一括返済をすることも可能でよかったです。

キャッシングの審査を始めて受ける はコメントを受け付けていません。

Filed under 体験談

カードローンの申込みをする際に限度額

キャッシングを利用する為に、カードローンの申込みをする際に限度額について考える必要があります。限度額の希望はより大きいものを希望することが多いとおもいますが、この限度額について、消費者金融系カードローンの場合には、年収の1/3以下までとする総量規制が適応されます。現在他社で借入している場合には、総量規制の中からその借入残高分を引いた金額までしか限度額は得られないと理解しなくてはなりません。つまり、現在借入しているカードから、もっと金利面で有利なカードローンへ申込み、借り換えたいと考えても、借入残高が年収の1/3の更に半分以上借りてしまっていたならば、新たに申し込むカードでは年収の1/3の半分以下までしか限度額が得られず、単純に借り換えることは叶わないという計算になるのです。

借り換えを検討するタイミングとしては、現在キャッシング利用しているカードの借入残高が、自身の年収の1/3の更に半分以下であるタイミングまでがリミットと思っておけば良いと思います。しかし、借り換えは可能ですが、この段階では限度額は年収の1/3一杯までとはならないので、借り換えた後の限度額までの余裕分は減ってしまいます。キャッシングの利用を抑え、返済の実績を続けた後に、限度額の増額申請をしていくしかないと思います。消費者金融系カードローンから同じく消費者金融系カードローンの場合には、このように段階を踏んで借り換えていかなければならないのです。

それを一気に、限度額もより大きく、金利面でも有利になる可能性が大きいのが、総量規制の対象外である銀行系カードローン。現在は、限度額300万円までの申込みならば、収入証明が不要なところも多く、借り換えにの検討には最適なものかもしれません。

カードローンの申込みをする際に限度額 はコメントを受け付けていません。

Filed under 審査のこと

キャッシングの審査について

キャッシングを利用することが可能になればお金を借りることが出来るようになりますから、お金が苦しい時に役に立ちます。

しかし、何もしないでお金を借りることが出来るというわけではありません。キャッシングをしてお金を借りるためには審査を通過しなければならないのです。お金を貸す会社は、利用者がしっかりと返済をすることが出来るかどうかを判断する必要があります。会社員として長期間、仕事を継続しているような場合は審査を通過することは難しくありませんが、主婦やアルバイトの場合は難しい場合もあります。

アルバイトをしている場合にはその仕事をどのくらい継続しているのかが決め手となります。アルバイトでもしっかりと仕事をして安定した収入がある場合にはキャッシングの審査を通過することが出来る可能性があります。主婦の場合でも、パートでしっかりと仕事をこなしているということが認められればキャッシングをすることが出来るようになるのです。

キャッシングの審査について はコメントを受け付けていません。

Filed under 審査のこと

おまとめローンの検討をされる方

キャッシングというのは、クレジットカードで買い物をするのとは違い、「現金」が必要な際に使われるものだと思います。子供の学校や幼稚園の集金にどうしても必要な場合や、急な飲み会、友人の結婚式のお祝いなど、クレジットカードが使えない、現金でしか扱われない場合に、手持ちに現金が無い時に利用してしまうものです。

しかし、現金が無い状況に至る原因の一つにクレジットカード利用での買い物の毎月の支払いが厳しくなっている現実もあったりします。複数のクレジットカード利用の毎月の返済や、現金が必要でキャッシングしてしまった返済など、あっちこっち返済していると結構な額になってしまうことがあると思います。

そんな時は、各社が提案している「おまとめローン」で毎月の返済額を減らすことを、検討されては如何でしょうか。銀行系の「総量規制が問われない」物も多く出てきています。

「おまとめ」することで、返済額が減ることが期待出来ますが、くれぐれも、その後のクレジットカードの利用で複数の返済が発生しないようにすることも重要です。

おまとめローンの検討をされる方 はコメントを受け付けていません。

Filed under 審査のこと

時々キャッシングをして生活費に充てています。

私は、アルバイトをしながら一人暮らしをしています。

月のお給料は12万円程なので時々生活費が足りなくなり、そのような時はクレジットカードでキャッシングをして生活費に充てています。

いつも借りるのは1万円か2万円ぐらいなのですが、キャッシングを利用しないと生活費が足りない時が多く、とても助かっています。

借りる金額が少額なので、今まで返済に困った事は一度もありません。

金額の高いものを買う時にはキャッシングを利用しないで、自分でお金を貯めてから買うようにしています。

お金を貯めるには時間がかかりますが、キャッシングをして返済に困るのも嫌なので、大きな金額は借りないようにしています。

アルバイトなので、高額の買い物は特に慎重にするようにしています。

キャッシングをして借りてしまえばすぐに買う事が出来ますが、自分の返せる範囲でキャッシングを利用するようにしています。

今後も返済に無理のない範囲で、キャッシングを利用していきたいと思っています。

時々キャッシングをして生活費に充てています。 はコメントを受け付けていません。

Filed under 体験談

総量規制対象外の金融商品とは

キャッシングやカードローンを利用してお金を借りる場合、収入によって借りられる金額が制限されることがあります。これは総量規制による制限になっており、年収の3分の1以上の金額を借りられなくすることで利用者に有益な借入が可能になる為の措置です。

しかし、こうした金融商品の中にも総量規制対象外の商品が存在しています。総量規制対象外の商品を利用してお金を借りるなら、年収の3分の1以上の融資を受けることも不可能ではありません。

総量規制の対象から外れる金融商品は、その商品を扱う金融機関の種類と商品そのものの性質によって左右されています。まず、預金業務も行っている銀行や信用金庫などで扱われているキャッシング商品は総量規制対象外になっています。これは金融機関の性質によるもので、消費者金融で扱われるキャッシング商品の場合は総量規制の対象になってしまうのです。

ところが、消費者金融が扱う金融商品の中にも例外的に総量規制対象外とされている商品が存在しています。それはおまとめローンと呼ばれている借り換え専用商品です。おまとめローンは複数の借入を一本化する為の商品です。この商品を利用することで、これまで多重債務に悩まされていた利用者の精神的・経済的負担が軽減される可能性が高まります。

おまとめローンは消費者金融で扱われている商品の場合でも、利用者にとって有益な商品であることから総量規制の対象から外れています。総量規制の対象から外すことにより、多重債務全ての債務を一本化できるように配慮されているのです。

総量規制対象外の金融商品とは はコメントを受け付けていません。

Filed under 審査のこと